1級・上級検定のモデルの事前準備とは?(1級・上級トレーニングハンドへのチップ装着方法)

※ 2020年9月と12月に開催の「1級実技試験」は、コロナ禍の特例措置として、トレーニングハンド使用となります。新型コロナウィルス感染拡大の状況により、特例措置が延長になる場合があります。
※JNEC HPの 1級トレーニングハンド規定、トレーニングハンド見本画像に従って、トレーニングハンドを準備しましょう。下記1級・上級トレーニングハンドへのチップ装着方法もご参照ください。

こちらで確認 JNEC HP

※ 2020年12月(第23回)の「上級実技試験」は、コロナ禍の特例措置として、トレーニングハンド使用となります。新型コロナウィルス感染拡大の状況により、第24回以降についても特例措置の延長が検討されています

1級・上級トレーニングハンドへのチップ装着方法はこちら

A.1級検定では

トレーニングハンドの爪10本にイクステンション、リペア、カラーリング等の一切の装飾が行われていないこと。
・サンディングは当日の実技試験時間ないに行うこと。

という規定があります。

ネイルケアやファイリングについての規定はありませんので、
当日サンディングしすぐにフォームを装着出来るよう前日までにイエローラインギリギリまでファイリングしておき丁寧にケアも行っておきましょう。