制作手順例[2級]

手順例【2級】
<前半(35分)>
①手指消毒(自分→モデル)
②ポリッシュオフ 10本
③ファイリング 右手5本
→ダスト払って、キューティクルクリームを塗布
→フィンガーボールに入れる
④ファイリング 左手5本
→ダスト払って、キューティクルクリームを塗布
⑤右手をフィンガーボールから出す
→ブラシダウンしたら、タオルで拭く
→左手をフィンガーボールに入れる
⑥右手をプッシュバック・プッシュアップ
→ガーゼクリーンしながらニッパーでカット
⑦左手をフィンガーボールから出す
→ブラシダウンしたら、タオルで拭く
⑧左手をプッシュバック・プッシュアップ
→ガーゼクリーンしながらニッパーでカット

<後半(55分)>
①手指消毒(自分→モデル)
②チップラップ 要項で指定された指 1本
クリッパー(爪切り)でモデルのフリーエッジを1mm程度に短くしエメリーボードで整える。

表面全体をサンディング(180Gファイル)、ダストオフ後プレプライマーを塗布。

チップを装着

合わせ目の段差をグルーで埋めてアクティベーターで固める。

グルーが硬化したらチップをカットしラウンドに整える

段差をファイルで削り、
チップ全体の表面もツヤが無くなる程度に軽くサンディングをする。

しっかりダストを落としシルクを貼る。
ビニールなどでしっかり密着させ空気を抜く。

グルーをシルクに染込ませるように均等に塗りアクティベーターで硬化。

※硬化を待っている間に逆の手へ。

③チップラップと反対の手5本にベースコートを塗布(エッジも忘れずに塗ってください)
④チップラップの グルーが硬化したかオレンジウッドスティックで軽く叩いて確認をする
(コツコツと固まった音がすれば大丈夫です。まだ固まっていないようでしたらアクティベーターを塗る)
硬化していたら余分なシルクをファイルで削り落とす。先端、サイドの形を軽く整える
グルー&フィラーの手順を繰り返す。
⑤硬化を待っている間にカラーリングを進める。
アートの指は指定色以外のポリッシュを塗布する。
⑥チップラップの削り~磨きと5本のカラーリングまでが終わったら、チップラップ以外の4本のベースコート、カラー2度塗り
⑦アート
⑧アート以外の4本のトップコート→チップラップ以外4本のトップコート→アートのトップコート

時間配分目安【2級】
<前半>
・手指消毒(30秒) (手順①)
・ポリッシュオフ 5~8分) (手順②)
・ファイリング(ラウンド)(10~15分) (手順③、④)
・キューティクルクリーン (15~20分) (手順⑤、⑥、⑦、⑧)

<後半>
・手指消毒(30秒) (手順①)
・チップラップ、カラーリング(35分)(手順②、③、④、⑤、⑥)
・アート(10分) (手順⑦)
・アート以外の8本にトップコート(5~6分) (手順⑧)
・アートが乾いたらトップコート (手順⑧)
・残りの時間でポリッシュのはみ出しが無いかチェックし、修正する (5~10分)


※手順や時間配分はあくまで目安となっており。規定はありませんので
上記を参考にご自身が施術しやすい手順で行いましょう。