制作手順例[上級]

※2020年12月(第23回)2021年2月(第24回)の「初級(第2課題)」「中級(第2課題)」「上級実技試験」は、コロナ禍の特例措置として、トレーニングハンド使用となります。新型コロナウィルス感染拡大の状況により、第24回以降についても特例措置の延長が検討されています。下記説明の「初級(第2課題)」「中級(第2課題)」上級については、「モデル」の箇所を「トレーニングハンド」に置き換えてご準備ください。(赤字にてトレーニングハンド用に変更してあります)

※JNAのHPのジェルネイル技能検定試験トレーニングハンド規定に従ってトレーニングハンドを準備しましょう。

JNA:ジェルネイル技能検定試験トレーニングハンド規定

手順例【上級】
①手指消毒(自分→トレーニングハンド
②指定5本をサンディング
③チップオーバーレイを施す3本にハーフウェルチップを装着

チップ装着後長さをカットし、自爪とチップの段差と、チップ表面を削る
④スカルプチュアを施す2本にフォームを装着
⑤2本のクリアスカルプチュアのベースを作り、アプリケーションを行う
⑥3本のジェルチップオーバーレイのアプリケーションを行う

※途中、ジェルが流れないように仮硬化(10秒程度)を繰り返しながら作業を進め最後に完全硬化しましょう。

⑦指定5本のイクステンションの未硬化ジェルを拭き取り、全体の形をファイルで整える
⑧ジェルチップオーバーレイ+フレンチルックのフレンチルック、ジェルチップオーバーレイ+デザインのアートを行う

※アートのベースカラージェル塗布は必須ではありません。クリアベースでもカラージェルベースでもどちらでも可。
テーマに沿ったデザインを施しジェルでコーティングし、完全硬化しましょう。
※フレンチルックはベースのカラージェルを塗布し完全硬化させたらホワイトのカラージェルでフレンチを施し、完全硬化させましょう。

⑨指定5本のイクステンションにトップジェルを塗布し、完全硬化させる。
⑩未硬化ジェルを拭き取る
⑪最終確認→完成

時間配分目安【上級】
手順①~④…15分
手順⑤~⑥…20分
手順⑦…20分
手順⑧…25分
手順⑨~⑪…5分

※手順や時間配分はあくまで目安となっており規定はありませんので
上記を参考にご自身が施術しやすい手順で行いましょう。