制作手順例[中級]

手順例【中級】
■第一課題■
①手指消毒(自分→モデル)
②ファイリング左手5本

ダスト払って、キューティクルクリームを塗布

フィンガーボールに入れる
③ 左手をフィンガーボールから出す

ブラシダウンしたら、タオルで拭く
④左手をプッシュバック・プッシュアップ
⑤ガーゼクリーンしながらニッパーでカット
⑥爪にプレプライマーを塗布し、油分・水分を除去
⑦左手5本にベースコートを塗布
⑧左手5本に1度目のカラーポリッシュを塗布
⑨左手5本に2度目のカラーポリッシュを塗布
⑩左手5本にトップコートを塗布
⑪最終確認→完成

■第二課題■
①手指消毒(自分→モデル)
②ジェルオフ5本①(マシン又はファイルで削り→アセトンを含ませたコットンをアルミで巻く)
③ 左手ポリッシュオフ5本→爪の表面をサンディング5本→ダストオフ
④ジェルオフ5本②(アルミを外し溶けたジェルを除去)

⑤右手中指フリーエッジカット→爪の表面をサンディング5本→ダストオフ
⑥10本の爪にプレプライマーを塗布し、油分・水分を除去

⑦右手中指にフォーム装着
⑧イクステンションのベースを作り、アプリケーションを行う

⑨イクステンション硬化中に左手にベースジェル塗布5本→硬化
※ベースジェル塗布の有無やピンチングのタイミングなど使用するメーカーにより異なるので
ご自身の使用するメーカーに合わせてアプリケーションを行い
硬化時間をうまく利用し左手の施術をすすめていくと良いでしょう

⑩イクステンションの未硬化ジェルを拭き取り全体の形をファイルで整える
⑪ダストオフ→右手残り4本ベースジェル塗布

⑫右手硬化中に左手のフレンチカラーリング1度塗りめ→硬化
⑬左手硬化中に右手にグラデーションを施す→硬化

⑭右手硬化中に左手のフレンチカラーリング2度塗りめ→硬化
⑮左手硬化中に右手にグラデーションを重ねる→硬化

※グラデーションの技法、重ねる回数に規定はありません。
ご自身のやりやすい技法、回数にあわせて手順を調整してください。


⑯左手トップジェル塗布5本→硬化
⑰右手トップジェル塗布5本→硬化

⑱未硬化ジェルをクレンザーで拭き取る
⑲最終確認→完成

時間配分目安【中級】
<第一課題>
①手指消毒(30秒)
②ファイリング(5分)
③プッシュアップ~キューティクルクリーン(片手8~10分程度)
④カラーリング(10~15分程度)
<第二課題>
①消毒~油分除去(20分)
この中にジェルオフのリムーバー浸透時間の5分(目安)も含まれます。
おいている間にポリッシュオフやサンディングを行なうと良いでしょう。
②ベース~トップジェルを塗る手前まで(50分)
③トップ~拭き取り(10分)

※手順や時間配分はあくまで目安となっており規定はありません。
上記を参考にご自身が施術しやすい手順で行いましょう。